誰かに相談することが大切

病院

うつ病かもしれないと思ったら心療内科に通ってみてください。カウンセラーと話すだけで改善することがあります。退社や中退など、後で後悔しそうなことは誰かに相談してください。眠れない症状は特に気を付けてください。

精神的な病の特徴

医者

長時間仕事をしているなどの負担が大きい生活をしていると、精神的な病になる場合があるので気をつけるべきです。うつ病の症状には特徴があって、急に気力がなくなるなどの問題が起こった場合は病気になっている可能性があります。

体調が気になる場合には

男性

うつ病の症状が出ている場合、心療内科や精神科を利用するのが一般的ですが、自宅などから通いやすい病院を選ぶことが大事です。また、事前準備として、病院のホームページをチェックしたり、脱ぎやすい服を用意したりするなど心がけましょう。

病気の豆知識と対処法

男性

個人と家族にできること

うつ病とは、大まかに言えば、気分障害の一つです。症状は様々にあり、うつ病を発症する原因も様々です。人によって症状の現れ方も違うため、自分で確定できる場合とそうでない場合もあります。うつ病の症状は心と体に現れます。例えば、食欲低下、体がだるくなり、朝起きるのが憂鬱で起きたくなくなります。また、もし起きたとしても、毎日楽しくなく、気分が落ち込んだまま過ごしてしまいます。気分の低下意欲の低下は普通なら一日二日で治りますが、うつ病であれば、一週間から二週間続きます。精神が異常を発するとそれが体にも影響を与えます。そのため、病気でもないのに、頭が痛いと感じたり、便秘が続いたりします。何かをすると動作が遅くなり、息苦しさを感じます。また、思考力が低下するので、自分で物事を考えられなくなったり、相手の話を理解できなくなったりします。毎日何をしても楽しくないので悲しい気分になり、悲しくなって泣き始めることもあります。こうした症状はいっぺんに現れることもありますが、一つずつ現れたり、徐々に始まったりすることが一般的です。重症の場合は、自分の殻に閉じこもってしまい、他者との接触を避け、自殺願望が現れたりし始めるので注意が必要です。うつ病の症状は、気分が落ち込んだり、食欲がなくなったり、何をしても楽しくないというものがあります。しかしながら、ある人にはその逆が現れる場合もあります。つまり、気分が一気に良くなって、ハイテンションになり、多弁になったり、活動的になったりします。気分の低下と、ハイテンションの気分がどちらかが現れたり、期間をおいて日替わりで現れたりする場合もあります。また、症状の発症原因も人それぞれですが、大きく一致しているのは、ストレスです。職場が変わったり、昇進したり、妊娠したり結婚したり、一見嬉しい出来事が、体に負担を与えます。その時抱えるストレスを発散できればいいですが、うまく対処できなければうつ病へと変化してしまいます。うつ病症状は本当に人それぞれであり、自分だけではわからない場合もあるため、家族や職場の人が気づいてあげたりすることがとても大切です。また、うつ病の治療は早期発見早期治療が大切です。早めに見つけて早めに治療を始めれば重症化を避けることができます。体と心の症状がいつもと少し違うようだと気がついた時早めに医師の診察を受ける必要があります。

不安になった場合には

ドクター

うつ病の症状がある場合、精神科を利用する方もいるでしょうが、様々な流れを通し、その患者がうつ病かどうかを医者が判断します。また、うつ病治療には入院治療もあり、余計な刺激を受けることなく、治療に専念できるという良い点があります。

元気になりたい

相談

うつ病の症状を治していく為には病院へ通い、カウンセリングを通じて、徐々に回復へ向かう必要性があります。また、料金はカウンセリング代、薬代も含めて4000円以内には済みますが、不安な方はなるべく多くのお金を持っていったほうが良いでしょう。