1. ホーム
  2. 不安になった場合には

不安になった場合には

ドクター

理解しておくこと

ストレスが関係して気分がすぐれない場合、うつ病になっていないか精神科へ行き、調べてもらう方もいるでしょう。ですが、これまで精神科を利用したことがない方からすれば、どのような流れで事が進められるのか、不安を抱くこともあるかもしれません。そこで、精神科での一般的な流れとしては、利用したい精神科へ足を運び、受け付けでやりとりをするところからまずは始まります。つぎに、予診に入りますが、現在悩みを抱えていることや、今まで経験したことのある病などを話します。その際、職場での人間関係や家族それぞれについて、話すこともあるでしょう。それから、血液検査や尿検査、体重測定といった基本となる検査を行い、患者の症状が体そのものから生じているものかの確認です。仮に、普段から薬を服用している際には、現在出ている症状に薬が影響していないか、きちんと見ていきます。最後に診察ですが、予診と同じく、現在の悩み事や日頃の生活で変わったことなどを話します。この時医者は、患者の表情や話し方、しぐさなどを実際に目で確認し、これまでのことをすべて分析した結果、うつ病かどうかを見極めるという流れです。精神科で行っているうつ病治療には、色々なやり方がありますが、入院を利用した治療もうつ病治療のひとつです。そこで、入院治療の良い点は何かというと、治療以外の余計なことは考えずにすむ環境で、治療に専念できることが挙げられます。ただし、自分の家でゆっくり休みながら、治療するのが一番と考える方もいるでしょうが、外部からの数々の刺激は、症状がさらに悪くなる恐れがあります。さらに、周りにいる家族の生活に合わせられない辛さや、家族にこれ以上迷惑をかけたくないという苦痛から、気づかないうちにストレスが蓄積するでしょう。それから、精神疾患に使用される薬というのは、副作用が起きる場合もあり、副作用が気になる方も中にはいるかもしれません。そこで、病院にはいつも医者が待機しているので、普段と異なる症状が起きた場合でも、速やかに対応してくれます。それ以外にも、社会復帰を考慮したリハビリがあったり、似たような悩みなどを抱えた患者と、接する機会があったりなど、入院治療にはいくつかの良い点があります。