1. ホーム
  2. 誰かに相談することが大切

誰かに相談することが大切

病院

早めに相談しよう

元気が出ない、気分が沈む、楽しかったことが楽しくない、眠れない、息が切れる、こう言った症状が出たらうつ病かもしれません。うつ病ではないかもしれませんが、その手前の場合もあります。まずは心療内科を受診してください。初めにカウンセリングを受けることになります。なぜ、元気が出ないのかカウンセラーとお話して、自分が何の原因で元気が出なくなったのか探ります。カウンセラーは、話を聞くのが役割です。医師はカウンセラーと貴方から話を聞いて診断を行います。カウンセリングは、30分〜1時間ほどです。話を聞くプロであるカウンセラーとお話をするだけで、うつ病の症状が改善することがあります。身近な人に話せないときは、心療内科を受診することをおすすめします。近所の心療内科だと知り合いに会うかもしれないと心配なときは、少し遠い場所に通いましょう。心療内科と聞いて、おかしくなった人が集まっているのではないかと不安になるかもしれません。しかし実際はごく普通の人たちばかりです。うつ病かもしれないと思ったときに気を付けることは、だれかに相談することです。心療内科に通って悩みを聞いてもらってもいいですし、家族や信頼のおける友人にでもいいので、相談しましょう。意外なアドバイスからうつ病が改善されるかもしれませんし、人に相談することで自分の症状の重さが分かったりします。そしてうつ病、もしくはそうかもしれないとき時は、会社を辞めたり、学校を中退したりするような、大きな決断は一人で行わないでください。うつ病の症状の一つに正常な判断の欠如があるからです。誰かに自分の判断が、後で後悔しないものか相談しましょう。そして特に気を付けてほしい症状が眠れないことです。睡眠を取らないと頭が休まりません。いくら体を休めても頭が働かなければ、正常な判断が出来ませんし、元気ならないのです。眠れないことでうつ病が続いているようでしたら、まずは睡眠を確保することから始めてください。睡眠を促すためには規則正しい生活と適度な運動とバランスの摂れた食事がおすすめです。